08.12.04

Top of the mountain

081204.jpg
英語を読み書きする必要があった時に、必ず思い出すことがあります。
それは高校時代の英語の授業。

何年生の時だったか、リーダーと文法と、どちらもかなりお年を召した先生でした。
Top of the mountain
これを訳すのに片や「山のとっつぁぎ」(女性教師)
(「とっ」というのは「突」の意味、「つぁぎ」は「先」の意味です。)
片や「山のすてっぺん」(男性教師)
わかるからいいけどサ。。。

よくもまともに英語を勉強できたものだと思います。きっと時代がのんびりしてたのかな〜。それにしても両教師がTop of the mountainを訳したのを憶えてるということは、これ頻出した単語だったんでしょうか。
でも、「すてっぺん」の先生には"Seeing is Believing."を読んだ時に「日本人離れした発音だ!」と一度だけ褒められたことがあるので悪い気はしてません。

他にも何かする度に誰かが言った言葉を思い出す、ということがあります。
ずっと昔のことなのに、なんでいつまでも忘れないでいるんだろう?
それはまたいずれ。

スパムが多いため、ただいまコメントは受け付けておりません。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

« 消えた糸切り歯 | TOP | 残量38Mbの怠慢 »

移転しました


現在更新中のブログはこちらです。

全画像一覧

photo.gif
全エントリーの画像を小さな写真で一覧できます。

Web拍手


コメントはちょっと、という方はぜひ励ましの拍手をお願いします〜。『見たよ』の合図にも。匿名でできます。記事には載せない猫たちのB級写真も随時更新して公開中です!

プロフィール

hakka
◆ハッカ(ネコ)
1997年5月生まれ ♀
白い純血種シャムの父とトラ猫の母の間に生まれた、なんちゃってシャム。見分けのつかないほど似ている兄弟姉妹が他に3匹いましたが、うち一番美人で小町と呼ばれていたこの子をもらい受けました。
moss
◆モス(ネコ)
2001年5月生まれ ♀
回転寿司屋で保護されていたところをもらい受ける。もしかしてロシアンブルーかコラットの血が入ってる?と思ったけれど、今は純血種の高貴さはみじんもなく、ものすごくふくらんでいます。
hakkamoss
◆はっかもす(ヒト)
ネット上に限らず、何かをコメントしたり表現したりするのが超苦手。恥ずかしさのあまり夜も眠れなくなります(^^) どちらかと言うとストレス解消のために、ゆるゆるやってみようかなーと。

◆主な登場人物(頼りになる順)
セーネンA
└県外の都会の某社に在職中。
セーネンB(元ショーネンB)
└県外の都会の大学に在学中。
チューネンC
└気持ちはショーネン。

カテゴリー

もっと昔の記事


2005.12〜2006.12の記事

2006.12〜2007.12の記事

03_rss.gif