08.12.08

親切なメガネ屋さんたち

081208.jpg
夕方、「メガネが落ちて来る」と父から電話ありました。きっとネジでもゆるんでいるんだろうと、眼鏡用ドライバー持参で早速行ってみると。
ネジはきっちり締まっていました。でも右側のテンプルが外側に開き、引っ張るとするっと抜けてしまうんです。いろいろ触っているうちに根元から小さな部品がポロッとこぼれて来たりして私の手には負えず、ダメもとで施設から一番近いメガネ屋さん(◯リミキ)に行って聞いてみることにしました。

すると、故障部分は溶接してあった金属の部品が劣化しているので、新しい部品を使って直すか(5000円で納期一週間〜10日)、他の方法としては現在のレンズを生かして新しいフレームに付けるか、あるいは現在のレンズの度数を計ってまったく新しくメガネをつくるかという三択になりました。
メガネのない期間が長いと父が困るし、店内を見ると価格はそれほど安くない。。。これはもしかして近くのショッピングモールに入っているメガネ屋さんの方が安くできるかも、と思い立ち、相談するからとこの店を後にしました。
親切に相談に乗ってくれたし、無料で掃除して鼻パッドの交換までしてくれたんですけどね。申し訳なかったなー。

次に行ったメガネ屋さん(メガネの愛◯)では、一応、安いフレームを見繕って新しく作る方向で店員さんと話しました。父のメガネは昔のものだからレンズがすごーく大きいんです。しかも遠近両用。今、主流の小さなレンズではかけ心地に違和感がありそうで選ぶのに困っていると、「もしかしたら直せるかもしれないので見せてください」と言われ、しばらく待たされましたが、なーんと新しい部品を使って直ってしまったんです。しかも1000円で。

良かったです。今のフレームは父が気に入って誂えた結構高価なものだったようで。ぐっと品質の落ちる安物フレームになったんでは、なんだか父がかわいそうだし。
◯リミキではメガネは店内では作らず、工場に送って作っているようです。だから値段も高いし納期もかかるのかな。でもどちらの店員さんもすごく親切でした。
メガネ屋さんって総じて親切ですよね。通りすがっただけなのにメガネの掃除もしてくれようとするし。(してもらったことないけど。)
父のメガネは無事、その日じゅうに父の元に戻すことができました。

この騒ぎでメガネについての新知識がひとつ。
遠近両用メガネは微妙な調整が必要なので、調整できる鼻パッドがないとダメなんだそうです。だから遠近両用メガネにはセルフレームはないそうで。な〜るほど…でした。

スパムが多いため、ただいまコメントは受け付けておりません。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

« 増殖する赤 | TOP | 受けなかった猫ごはん »

移転しました


現在更新中のブログはこちらです。

全画像一覧

photo.gif
全エントリーの画像を小さな写真で一覧できます。

Web拍手


コメントはちょっと、という方はぜひ励ましの拍手をお願いします〜。『見たよ』の合図にも。匿名でできます。記事には載せない猫たちのB級写真も随時更新して公開中です!

プロフィール

hakka
◆ハッカ(ネコ)
1997年5月生まれ ♀
白い純血種シャムの父とトラ猫の母の間に生まれた、なんちゃってシャム。見分けのつかないほど似ている兄弟姉妹が他に3匹いましたが、うち一番美人で小町と呼ばれていたこの子をもらい受けました。
moss
◆モス(ネコ)
2001年5月生まれ ♀
回転寿司屋で保護されていたところをもらい受ける。もしかしてロシアンブルーかコラットの血が入ってる?と思ったけれど、今は純血種の高貴さはみじんもなく、ものすごくふくらんでいます。
hakkamoss
◆はっかもす(ヒト)
ネット上に限らず、何かをコメントしたり表現したりするのが超苦手。恥ずかしさのあまり夜も眠れなくなります(^^) どちらかと言うとストレス解消のために、ゆるゆるやってみようかなーと。

◆主な登場人物(頼りになる順)
セーネンA
└県外の都会の某社に在職中。
セーネンB(元ショーネンB)
└県外の都会の大学に在学中。
チューネンC
└気持ちはショーネン。

カテゴリー

もっと昔の記事


2005.12〜2006.12の記事

2006.12〜2007.12の記事

03_rss.gif