2006.Aug.28

ヤフオク詐欺の顛末〜8(了)

そして内容証明が戻って来ました。
表面に「棟、室番号漏れで配達できません」と判が押してあります。
宛先不明でなく、部屋番号などがわからない場合はまずいかな、ともちょっと思いましたが、警察では納得し、無事正式に被害届が受理されることになりました。これが8月24日の午後のことです。
O刑事には「ずっと後になって全然違う地域の警察から連絡があることもあるかもしれませんので、そのつもりで」と言われましたが、その後まったく何も進展がないままです。

また、警察の指示で、振込先の銀行に組戻しの相談の電話もしましたが、調べてもらったところ当該口座にはもう残高が3ケタだとのこと。お金は変な出入りの仕方をしていますね、と銀行の方が言ってました。まあ、組み戻しはまったく期待してませんでしたけど。一応手順なので。

結局、警察に提出した書類は被害届、内容証明、メールのプリントアウト、その他資料をすべて含めA4が39枚にもなりました。おまけに私はそれらのデータをCD-Rにも焼いて渡しましたが、これは受け取ってもらえませんでした。
あれからちょうど1年。なんだかもっと昔のことだったような気もします。ユージンと私にとって、忘れたくても忘れられない夏です。

できることはすべてして、その後の感想ですが、ネット犯罪に対する警察の対応があまりにお粗末、ということです。なんだかメールの出し方もろくにわからないような、それでも署内ではたぶん、一番ネットに詳しいであったろうO刑事。そんなレベルではとてもサイバー犯罪に太刀打ちはできないな、と思いました。
私もヤフオクに限らず、取引ではかなり慎重になりました。人を疑うなんて、こんな詐欺にでも遭わなければあまりしなかったことではあります。貴重な経験だったと思うことにしました。
ちなみに、私の座右の銘は「転んでもただでは起きない」

長々と続けたエントリーですが、この回で終了です。今後、続編を書けるような事態の進展があればいいなあ。

はっかもす : 08:29 | ヤフオク詐欺 | comments (2) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Aug.27

ヤフオク詐欺の顛末〜7

それともうひとつ不審な点は、当該オークションの最高落札者だったヤフーID clap(仮名)が、その後の同じチケットの別のオークションでまた入札している記録があったことです。やはり15,000円で一度だけ入札し、そのオークションは別の人によって21,000円で落札されています。
ID clap(仮名)は、8月14日22時8分にチケットを落札しているのに、8月15日20時18分に別のオークションにまた入札しているのです。

それは、タイミングとして、最高落札者が本当にキャンセルした、と私に信じ込ませる手だったような気がします。チケットを落札したがっていれば、他のオークションもチェックしていることは普通のことです。カモが経過を見ている確率は高い訳ですから。
私がウォッチリストに入れてチェックしていたその後のオークションには、詐欺成功後のこのIDの入札は一切ありません。ほぼ新規のヤフーID clap(仮名)と詐欺師○浦は、グルだったとしか思えないのですが。それにしても、たかだか14,500円の詐欺を働くのにこんなに手を込ませて?まあ、それの×10件なら145,000円に、×100件なら1,450,000円になる訳で、考えてみればいい商売ですかね。。。

当該オークションで詐欺にIDを使われた出品者本人は、恐らく詐欺に利用されたことなど皆目気づいていないと思います。調べてみるとこういうことは結構あるらしく、私も直接出品者に連絡することはしませんでした。ただ、最高落札者ID clapが入手したチケットの指定席にどんな人物が座っているか、できることならチェックしてみたかったですねー。

はっかもす : 09:30 | ヤフオク詐欺 | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Aug.26

ヤフオク詐欺の顛末〜6

またまた飛びましたが、おとといから続きます。
(これまでの経緯はヤフオク詐欺の顛末〜1ヤフオク詐欺の顛末〜2ヤフオク詐欺の顛末〜3ヤフオク詐欺の顛末〜4ヤフオク詐欺の顛末〜5で。)

その後も、悔しいので可能な限りしつこく調べまくりました。
まず初めに調べたのは○浦のメールアドレスと住所、そして携帯の電話番号です。
住所はあったことはあったものの、予想した通りレ◯パレスでした。きっとこういう所は表札もないんでしょうねえ。内容証明も届きようがないです。でも、出した、戻って来た、という証拠が必要とのことだったので、これは手続き上、やむを得ないです。余談ですが、こういう内容証明のようなシステムは、アメリカにもヨーロッパにもないそうですね。

次に携帯番号ですが、どの地域のものかを調べることができるんですね。当該番号は関東圏のものだということがわかりました。後日、またM署のO刑事に面会した際、このことを伝えたら「どうしてそんなことがわかるんですか?」と言われました。。。

そして一番興味深かったのが、メールアドレスで検索したところ、そのメールアドレスを使い、出会い系サイトで書き込みしているのを発見したことです。ヤフオク詐欺の◯浦は男性名でしたが、こちらの書き込みは女性名でした。そして住まいは大阪になっています。う〜ん、女を装って別口の詐欺を企んでいる?
よほどフリーメールでも使って反応してやろうかと思いましたが、警察もかんだことだし、ここは一応相談ということで、やはり後日、O刑事にそのページのプリントアウトを見せたところ、
「これ宛に書いたら返事来ますかね?」(私に聞かないでください。。。)
「返事は来るかもしれませんけど、出すメールアドレスが警察のものではまずいですよね?フリーメール使ってネットカフェとかから出さないと」と答えましたが、担当O刑事はわかったんだかわかんないんだか。きっとそれは試してくれなかったと思います。ぜひやってみてほしかったです。それで大阪かどっかで落ち合う約束でも取り付けて、現場を押さえてほしかったですよ〜。

参考までにこちらのサイトをご覧ください。詐欺師がいっぱいですよ〜。写真のあるものもあります。おどろおどろしいです。現在は、ここに◯浦も入ってますし。(当時はリストにありませんでした)ヤフオク詐欺師リスト

はっかもす : 08:20 | ヤフオク詐欺 | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Aug.24

ヤフオク詐欺の顛末〜5

ネット上の情報によれば、警察では2時間ぐらいも時間を取られるとのことだったので、覚悟して出掛けて行ったのですが、実際は20分ほどで終わりました。
担当のO刑事は作成して行った被害届を見て、
「これどうやって作ったんですか?」と。
雛形があったのだと説明しましたが、独自の形式の被害届でないといけないということで、持参したものを元にO刑事が書き替えてくれました。ただ、届出人は私ですが、この場合、被害者はユージンになるとのことで、被害者の住所氏名職業年齢などのみ訂正されました。
M署は古い建物で、そういった話をする部屋もなく、ちぐはぐの使い古しのソファが並べてある廊下の隅の、冷房もない喫煙所のような所での面会でした。管轄内でオークション詐欺は結構あるという話だったのに、いつもそんなしけた場所で処理しているんでしょうか?

今後しなければならないこととして、まず内容証明をつくって配達証明付きで郵送してください、とのこと。内容証明を郵送した結果次第でその後の動きが決まるとのことでした。内容証明については、昔、仕事の関係で1通作った経験があります。やはり、ネットの雛形を使ってすぐに作成、その日のうちに配達証明で郵送しました。この機動力。まあ、この日は一日、詐欺の後始末で潰れたって感じですか。

しかし、郵便局の窓口で、局員が内容証明の一字一字を確認しながら読むのを、目の前に立って待つっていうのは、かなり恥ずかしく、いたたまれないです。内心、なんと思ってたんでしょう。アホか、とか?
内容証明を出すぐらいなら、それぞれにそれなりの由々しき事態があるわけで、いつもそんなのをポーカーフェイスで読んでるんでしょうねー。

はっかもす : 08:05 | ヤフオク詐欺 | comments (3) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Aug.23

ヤフオク詐欺の顛末〜4

ちょっと飛びましたが、おとといから続きます。
(これまでの経緯はヤフオク詐欺の顛末〜1ヤフオク詐欺の顛末〜2ヤフオク詐欺の顛末〜3で。)

のんびり屋のユージンから「振り込んだ」と連絡が入ったのは翌日8月17日。早速、昼過ぎに○浦宛に振り込んだ旨のメールを入れましたが。。。
待てど暮らせど返信がありません。翌18日朝にもまた振込を確認してほしいというメールを出すも返事はなく、9時と12時に携帯の電話番号に電話もしましたが不通でした。この頃になってようやく私に不安感が募り始めます。

体の内側から熱を発してでもいるように焦燥しながらネットでオークション詐欺の情報を調べまくり、なんとYahooメールで受け取った次点者へのメールとまったく同文の詐欺メール例(このページのその2)を発見したのです。
(実際はこちらとは違うもっとまがまがしいイメージのページでしたが、内容はこのページとほぼ同様)

決定です。詐欺です。奇しくもこの日、そのユージンと昼食を一緒にする約束でした。
昼食の席で、「ごめん、詐欺だったっぽい。。。」
ユージンは被害は自分がかぶると言ってくれました。ほんとうなら、いい加減オークションの経験を積んだ私がもっとしっかりしていればこんなことにはならなかったし、非があるのは私の方だったのですが。。。だいたい、ヤフオクのシステムでは落札者が辞退した場合、次点を繰り上げて落札者とし、ヤフオク用の登録メール宛に連絡ができるようになっています。出品の経験も何度もあるのにこの体たらく。
YahooメールなどIDに@yahoo.co.jpをプラスすれば本人に届いてしまうのですから、詐欺をする側にはもってこいなアドレスな訳です。
ユージンはコンサートには行けず、支払った代金の損をして、いやな気分を味わったことになります。
幸い少額の被害だったとは言え、許せない!!

よし、それならと。詐欺に遭ったら遭ったで、その後にできることは私が全部やろう、と決心したのでした。調べたところ、取りあえずは最寄りの管轄警察署に連絡、とあったので早速M署に電話し、どう手続きをすれば良いかをざっと聞き、翌日19日には、ネット上にあった雛形を元に被害届を作成し、約束の時間に担当のO刑事と面会しました。

なぜこんなに細かく日にちや時間がはっきりしているかと言うと、初めに受け取ったYahooメールからのすべての証拠一式を未だに取ってあるからです。この執念。せっかちなだけでなく、案外粘り強い性格でもあったのかと、こんなことで自分の意外な一面を発見したり。

はっかもす : 08:45 | ヤフオク詐欺 | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Aug.21

ヤフオク詐欺の顛末〜3

前夜、次点でがっかりしたことや、もういくつものオークションの動きを比較してきて少々疲れていたこともあり、なぜYahooメール宛にメールが来たのかということを深く考えず、その最高落札者キャンセルの知らせに、ついやった〜と喜んでしまいました。
早速、ぜひこちらにチケットを回してほしい旨を、本来ヤフオクの連絡用に使用しているメールアドレスを使って返信したところ、15日が明けた深夜、16日の午前3時2分の受信で、以下の返信メールが届きました。

Re: Re: ◯◯◯◯◯◯1階席の件
お返事ありがとうございます。
Mこと◯浦と申します。
14,500円での入札履歴がありましたのでご連絡致しました。
ご購入の際は、14,500円でのお取引を希望します。
※送料はこちらで負担いたします。
オークション終了から時間が経ったもので、スムーズなお取引を希望します。なお振り込み確認後翌日の発送となりますのでよろしくお願いします。

**発送先のご住所等詳細のほうお待ちしています**

【住所】 東京都◯◯◯区◯◯
【電話】 090-****-****
【名前】 ◯浦 ◯◯

16日朝一でメールチェックした時にこのメールを確認し、了解したので振込先を知らせてくれるよう、すかさずメールを返信しました。
このあたり、せっかちが非常に災いしております。。。
その後、先方からすぐに以下の返信メールが届きました。

お返事ありがとうございます。
発送先の住所ですが、お間違いの無いよう再度ご確認ください。
お支払方法につきましては、お手数ですが今回は銀行振り込みでのお取引でお願い致します。
振込み確認後の翌日に発送いたします。

【振込金額】 14500円 
【振込先】◯◯◯銀行 ◯◯支店 普通 *******
【住所】 東京都◯◯◯区◯◯******
【電話】 090-****-****
【名前】 ◯浦 ◯◯

お振込み後電話かメールにてご連絡頂けると助かります。
時間指定などありましたらお申し付けください。
短い間のお付き合いですが、お取引終了までよろしくお願いします。 
◯浦より

このメールを受け取ったのが、16日の午前9時23分。そしてそのすぐ後に、ユージンに代金を振り込むよう、メールで振込先を知らせました。そしてそして、ユージンはその日の午後2時51分にATMで振込を済ませたのです。。。

はっかもす : 09:00 | ヤフオク詐欺 | comments (1) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Aug.20

ヤフオク詐欺の顛末〜2

当該コンサートチケットの出品を、席や価格から検討して5つぐらいをウォッチリストに入れ、入札と落札の様子を見ること数日。どうも当初の予算では落札できそうもなく、相談の結果ユージンの出した最高額は一人分のチケットで14,500円ということになりました。

入札したのは開始価格が8,000円の1階席のものです。12,000円台で終了時間近くまで来ていたのを、ぎりぎりに14,500円で入札。しかしその後すぐ、15,000円の入札があったのでユージンの判断をあおごうと思ったものの、すっかり任せた気分でオークションの動向をチェックせずにすでに寝ていたとのこと。勝手に値を上げることもできずに、あえなく次点となりました。
それが昨年、8月14日22時8分の出来事です。落札者はオークションID clap(仮名)という、評価が(1)の、ほとんど新規のユーザーでした。

翌日、通常はあまり見ないYahoo!のトップページをたまたま見たところ、なんだかいつもと印象が違うことに気づきました。何が違うのかと思ったら、メールのところに新着マークが付いていたのです。ほとんど使っていないYahooメールアドレスへの新着メールです。慌てて受信箱を確かめると、以下のメールが届いていました。

◯◯◯◯◯◯1階席の件
初めまして、M(仮名)と申します
オークションご参加ありがとうございました。
ご相談したいのですが、上記題名の最高落札者の方と交渉したところ、急遽家庭の事情で、入金が再来週以降になってしまうのでもし待てないようならキャンセル料を支払うのでキャンセルにしてくれないかとの事でした。私としては最高落札者の方に悪意があったとは考えられませんし、落札者の繰り下げに対して、出品者あるいは最高落札者の評価にマイナスが付いてしまうのも事実です。
もし差し支えなければ、貴殿とのお取引を考えたいと思いますのでご検討願います。オークション手数料3%に関しましても最高落札者の方が責任を持ってご負担されました。料金に関しましても当方は入札額でお譲りしたいと思います。送料に関しましては最高落札者様からのキャンセル料でこちらが負担いたします。
私としてはスムーズなお取引を希望致します。
お手数ではありますが、前向きにご検討くださいますよう宜しくお願いします。
次の方にも問い合わせをしたいのでキャンセルでもご連絡下さい
よろしくお願いします。

このメールの受信時間は、オークション終了日の23時18分、終了後1時間余りの時間でした。以下、次回に続きます。

はっかもす : 09:36 | ヤフオク詐欺 | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Aug.19

ヤフオク詐欺の顛末〜1

もうずいぶん長いことヤフオクを利用しています。利用料など取られる以前から。
特にトラブルはなく円滑な取引ができていたのですが、ユージンからコンサートチケットの落札を頼まれ、まんまと詐欺にあった経験が一度だけあります。
今だから書けますが、当時は相当ショックでした。まさか自分が詐欺に遭うとは。。。

これまでヤフオクで落札したものは、パソコン周りのものや、かな〜り趣味に傾いたものなどで、チケットというジャンルは初めてでした。日程や席の良し悪し、開始価格やペアかどうかなど、比較検討材料は多数ある上に、あっという間に値が上がって予算以上の金額になってしまう。
コンサートの日取りが決まっている以上、入手は早い方がいい訳で、短気な私としては焦りもありました。それがひっかかった原因のひとつ。

たまたまきのう、女正月ならぬ女盆のノリで(私はお盆の行事は墓参りしかしてないが)ユージンらとおしゃべりをする機会があり、あれからちょうど1年だ、ということが確認できました。当時のいや〜な気分をまた味わうことになりそうですが、記録としてその顛末を何度かに分けて書き留めて行こうかと思っています。

はっかもす : 10:14 | ヤフオク詐欺 | comments (2) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

| Top