2006.May.17

シニア食とダイエット食

猫たちはどちらも5月生まれ(たぶん)なので、今月でハッカは9歳、モスは5歳になった(なる?)ことになります。う〜ん9歳って猫にとってはもう老齢期ですねー。あんまり歳、感じさせないけど。そろそろごはんもシニア用のものにしなければならないでしょうか。でもその場合、モスはどうなるのかなあ?
ごはん茶碗はお揃いのものを使っているのですが、お水を入れた容器の両脇に置いておくと、特にどっちが左でどっちが右、と決めている様子もないし、モスは2回ぐらいに分けて食べて、後でハッカが残した分も食べてしまっているようです。ひとり分以上食べるんなら、別にシニア食でもいいのか?いや、やっぱりモスの場合はダイエット食でしょうか。。。年齢の違う猫たちそれぞれに、適した食事をきちんとあげるのは至難の業です。
写真は、ショーネンBのPC上から私を覗いているハッカです。手前にあるのは、今まで切手を入れていたアンティークの缶。きのうのエントリーの文具まとめによって、いろんなところに空きが出ました。今はこの缶に付箋を入れています。クロレッツに付いていた包み紙とか、子どもたちが買った手帳に付いてたのとかが集まって来ていつの間にか溜まってます。狙ったわけじゃないけど、色とりどりできれいだなあ。

きのう、ユージンRが筍をお土産に遊びに来てくれました。しばらくおしゃべりした後、腰が重かったのですが、気合いを入れて買物に行き、子どもたちに送る筍ご飯をつくりました。もうそろそろ食べ物も腐りやすい季節になって来たし、冷凍して土曜着ぐらいで送ろうと思っています。ごはんだけでは何なので、おかひじきのおひたしも一緒に。こんなことはめったにないことだけど、せっかくの筍だしね。

name はっかもす : 14:57 | ネコ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.forest-farm.com/blog/tt-cgi/tt_tb.cgi/244

コメント

お気軽にコメントしてくださいね!




保存しますか? はいいいえ