2006.Nov.28

モノクロコピー機お役御免

コピー機は、主にデータの出力に使っているカラーコピー機と、ファクスの送受信とモノクロコピーに使っているモノクロコピー機の2台あります。カラーコピー機はまだリース期間が残っていますが、モノクロの方は毎年再リースを繰り返し、かなり型も古くなったガタガタのものです。メカ音痴のチューネンCにとっては、機能が単純明快なこのモノクロ機の方が断然使いやすそうなのですが。作業がアナログなので、拡大縮小コピーを取って切り貼りを未だにしているのです。

ところが、先日、カラーコピー機の営業の方から、機能をまとめてカラーコピー機を新しくしてはどうか、という提案がありました。リース料が今より安くなることや、1枚当たりのコピー料が割安になるいい条件などを提示され、迷いに迷いましたが入れ替えを決定しました。リース期間がまた5年になるけどね〜。
気のいいお兄ちゃんなので、応援したい気持ちもちょっとありました。

契約書を書く時の営業のお兄ちゃんとチューネンCのやりとりが面白かったです。
チューネンC「あれ、オレいくつだっけ?」
営業さん「ご自分の歳がわかんないんですか?」
チューネンC「毎年変わるからさぁ」

すぐに打ち合わせに出掛けるためスーツを着ていたチューネンCに向かって
営業さん「あ、なんかかっこいいっすね・・・ス、スラッとして」
爆笑※チューネンCはスラッとなんかしてないです。

自分はおべんちゃらもヘタクソだし、営業には向いてないと思うんですよ〜と、本人が言ってましたけどね。いや、私としては同情心を買ったり、なんとなく面倒を見てあげたくさせるあたり、かなり向いてると思いますよ。

今月末、年老いた大きな図体のモノクロコピー機が引き上げられて行きます。ずいぶんお世話になったよねえ。特にチューネンCの仕事の友だった。
今まで猫たちがベッドに入る時にジャンプ台になっていた、機能しない原稿送り装置の斜めの台、これがなくなったら、猫たちはどうやってベッドに上がるかな?

name はっかもす : 08:00 | シゴト

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.forest-farm.com/blog/tt-cgi/tt_tb.cgi/632

コメント

スパムが多いため、ただいまコメントは受け付けておりません。




保存しますか? はいいいえ