2006.Nov.30

アマゾンのお詫び

アマゾンで注文し、到着を丸々二週間待ったG4用キーボード。発送予定の11月25日を過ぎてもアマゾンからは何の連絡もなかったため、26日に日付が変わる時間に問い合わせのメールを出しましたが、翌日昼まで待っても返事なし。
仕方なく電話で問い合わせをすることにしました。

これ、すごいですね。
ホームページで、電話をかけて欲しい番号を入力し、「今すぐ」とか「5分後」とかタイミングを指定すると、向こうから電話がかかってきます。「今すぐ」にしたので、クリックした後すぐに電話が鳴りました。
初めは自動音声システムでしたが、必要事項の入力の後、「情報が必要」と言葉で言うとオペレーターにつながるんです。

問い合わせの結果、入荷が遅れていて、その情報がシステムに反映されていなかった、メールでの連絡もシステムのトラブルで送れなかった、というものでした。「今、配送予定を変更しました」と言うので、ページをリロードしてみると、なんと12月3日〜12月15日と変更になっています。
もしかしたら、また配送予定が変わるかも知れず、入荷ができないこともあって、その場合はキャンセルになる、とのこと。なんだか全然あてにならない感じ。

もう待つのが嫌だ〜と思ったので、その場でキャンセルを決めました。
アマゾンではお詫びに12月末日まで使用可能の300円のギフト券を付けてくれましたよ。
う〜〜ん、あんまりうれしくないけど、お詫びされたのは心証が良かったかな。。。
今までもう何回もアマゾンを利用しましたが、こんなことは初めてでしたね。

☆その後、別のショップに注文しましたが、やはり納期は未定とのことでした。
いつまで待たなきゃなんないかな〜 今まで3年も我慢したんだから待てるか?

はっかもす : 08:29 | カイモノ | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Nov.29

いつまでも未完成

7月に切って以来、ずーーっと伸ばしっ放しだった髪ですが、突然うっとうしくなり、矢も楯もたまらず美容院に行って来ました。それも初めての美容院に。ちょっとドキドキです。
クチコミではなかなかの評判の、街の中心部にある美容院。電話したらすぐに予約が取れて、行ってみるとなんと客は私一人でした。だいじょぶか。
ホームページを見て当たりをつけていた美容師は、その日は休みだということで担当者はお任せでしたが、ちょっと舌足らずっぽいしゃべり方ではあるものの、わりとしっかりした若い女性でした。

前回、チューネンCにすら変だと言われた超短い髪が伸び放題伸びて、いったいどこに向かっているのか自分でもわからなくなってしまったヘアスタイル。参考写真も持たず、最低限の要望だけを伝えてスタイルもお任せしました。切りながら何度も調整してくれて、丁寧でしたよ。

しかし、今回も、「ここんとこがまだ短いので少し伸ばしましょう」とのことで、完成形には至っていません。いつもいつも完成途上で、いったい完成に至るのはいつなのか?だいたい、完成形とはどんなスタイルなのか?明日はどっちだ。
素敵だと思った芸能人のヘアスタイルは、いつも完成しているように見えるのですが。

はっかもす : 08:29 | セーカツ | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Nov.28

モノクロコピー機お役御免

コピー機は、主にデータの出力に使っているカラーコピー機と、ファクスの送受信とモノクロコピーに使っているモノクロコピー機の2台あります。カラーコピー機はまだリース期間が残っていますが、モノクロの方は毎年再リースを繰り返し、かなり型も古くなったガタガタのものです。メカ音痴のチューネンCにとっては、機能が単純明快なこのモノクロ機の方が断然使いやすそうなのですが。作業がアナログなので、拡大縮小コピーを取って切り貼りを未だにしているのです。

ところが、先日、カラーコピー機の営業の方から、機能をまとめてカラーコピー機を新しくしてはどうか、という提案がありました。リース料が今より安くなることや、1枚当たりのコピー料が割安になるいい条件などを提示され、迷いに迷いましたが入れ替えを決定しました。リース期間がまた5年になるけどね〜。
気のいいお兄ちゃんなので、応援したい気持ちもちょっとありました。

契約書を書く時の営業のお兄ちゃんとチューネンCのやりとりが面白かったです。
チューネンC「あれ、オレいくつだっけ?」
営業さん「ご自分の歳がわかんないんですか?」
チューネンC「毎年変わるからさぁ」

すぐに打ち合わせに出掛けるためスーツを着ていたチューネンCに向かって
営業さん「あ、なんかかっこいいっすね・・・ス、スラッとして」
爆笑※チューネンCはスラッとなんかしてないです。

自分はおべんちゃらもヘタクソだし、営業には向いてないと思うんですよ〜と、本人が言ってましたけどね。いや、私としては同情心を買ったり、なんとなく面倒を見てあげたくさせるあたり、かなり向いてると思いますよ。

今月末、年老いた大きな図体のモノクロコピー機が引き上げられて行きます。ずいぶんお世話になったよねえ。特にチューネンCの仕事の友だった。
今まで猫たちがベッドに入る時にジャンプ台になっていた、機能しない原稿送り装置の斜めの台、これがなくなったら、猫たちはどうやってベッドに上がるかな?

はっかもす : 08:00 | シゴト | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Nov.27

美しい古いインク

再発した文房具熱。物欲はなんとか収めていますが、思い出したように抽き出しなど漁っています。ずっとしまいこまれたままだったこの古いボトルインクは、きっとこの間のモンブランのボトルインクと同じ頃のものでしょう。ほんのちょっと使ったぐらいしか減っておらず、インクもさらさらで沈殿などもありません。
レトロな文字がいいですねー。インクの透明感もすごくきれい。現行のインクのパッケージはどうなっているかというと、こうなってますね。あら、緑がありませんね。

万年筆用のインクにはすごい色数があるようで、見てると手当り次第に欲しくなります。
昔、仕事で使っていたカラーインクも20〜30種類ぐらい持ってたのを思い出しました。仕事で使うので惜しげなく買ってましたね。そこにあるだけで美しい、色名までおしゃれな道具でした。今、それらはどうなっているかというと、デザインで手作業をしなくなった時点でアナログなイラストレーターに譲りました。もったいなかったかも。。。

インクに気持ちが行き始めたのは、抑えきれない所有欲のためです。
それはまた後日。

はっかもす : 08:14 | カイモノ | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Nov.26

圧倒的に足りない

家の中のコンセントの数ってどうなんでしょう。
実情に合ってないんじゃないでしょうか。
先日、モスが髪結いゴムで遊んでいるうちにモノクロコピー機の裏側に入り込み、そこにたこ足になっていたコンセント群に触ったらしく、空気清浄機のコンセントが抜けた状態になっていました。

リビングの広さは17畳ほどですが、コンセントの口の数は8個です。(2個ついているのが4カ所)うち、1カ所はFFストーブの背面に隠れていて、これはもうストーブ専用になっており、他の1カ所はエアコン用に取り付けられた天井近くのひとつ。そのため、比較的使いやすい位置にあるコンセントは2カ所、4口ということになります。

ところが、コンセントが必要な電気製品はどれだけあるかと言うと、電話、モノクロコピー機、電子ピアノ、空気清浄機、テレビ、ビデオ、チューナー、BSデジタルチューナー、PHS充電器、ストーブ、加湿器、Zライト、電気鉛筆削り、ざっと見ただけでもこれだけあって、パソコン周辺に至っては数えるのも嫌になるぐらいの数です。その他にも掃除機のためにひとつは口を空けておかなければならないし、足りないなんてレベルではないですね。

むか〜し読んだ高野悦子の『二十歳の原点』に、部屋の中をあらゆる電気製品のコードが横断していて、それを見て暗くなる、というような内容があったのを思い出します。
その時は、そーゆうものは部屋を横切らせないで隅をぐるっと這わせろよ、そんなことで暗くなるなよと思ったものでしたが、家の場合、隅に這わせてはあるものの、あまりのたこ足加減に、どれが何のコンセントかさえ判別不能のぐちゃぐちゃ状態で、見るだけで萎えてしまいます。

ああ、憂鬱な大掃除の時期ですね〜

はっかもす : 08:22 | セーカツ | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

2006.Nov.25

ツボの違い

今週の『のだめ』は、珍しくチューネンCも一緒に見ました。
原作はコミックだということも、すごく売れてるということも、のだめがどんなキャラクターかということも、浮世離れしたチューネンCはきっと知らないと思いますが、ものすごくウケてたようです。こらえきれずに笑っているような「くくく」という声を漏らしていました。別に大声で笑えばいいのにさ。
のだめのことを、この

はっかもす : 07:51 | セーカツ | comments (0) | trackbacks (0) | Web拍手で応援する

| Top