« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

11.03.19

代官山MR.FRIENDLY Cafeでワークショップ開催

4月14日は世界のみんなと仲良くするフレンドリーデーです。
MR.FRIENDLYはいつも、人間も動物も樹木も植物も、すべての自然が仲良しでいたいと思っています。フレンドリーデーを記念してMR.FRIENDLY Cafeではワークショップを開催し、終了後にはワンドリンクとホットケーキで講師の先生と楽しいひとときを過ごしていただきます。みなさんどうぞご参加ください。

●FOREST FARMからのメッセージ
私たちの生活の場である街中で自然環境を観察して、動物も植物も私たちと同じ生き物だということを一緒に考えるワークショップを開催します。
今回のプログラムは自然素材でつくる小さな花畑で、万華鏡(フィールドスコープ)を制作し、近くのフィールドで仕上げるプログラムと、創造力を高めるトレーニングを実施します。五感を刺激しながら子どもも大人も創造力を高めましょう。
●ワークショップの流れ

110319_01.jpg
紙芝居で参加者とコミュニケーションをはかり、アクションプログラムで創造力を高める。

110319_02.jpg
自然観察をしながら自然素材を見つけて制作し、最後にお土産プログラムを指導。

110319_03.jpg
植物の種や小石、葉でつくる万華鏡(フィールドスコープ)

【自然と仲良く・ワークショップ】
●日程/4月3日(日)10:00〜12:30(開場10:00)
●講師/矢野TEA(ガーデンデザイナー、FOREST FARM代表、メインイン東京プロダクツメンバー)
●対象/一般・親子
●参加費/一般 2,500円、親子 3,000円
※親子で参加の場合、ワークショップのキットはひとつとなります。
●お申し込み・お問い合わせ/
MR.FRIENDLY Cafe みんなと仲良くワークショップ担当

11.03.16

新しい命が誕生しました

110316_f.jpg

110316f_02.jpg

3月11日か12日に庭木の上部にクリスマスツリーを鳥の巣のようにセットしたリースにキジバトが巣作りをしていました。その巣の下に卵の殻が落ちていたので巣の様子をよく見てみたら、雛がいるようです。
地震や津波、原発など重たいニュースが頻発している中ですが、平和のシンボルであるハトの赤ん坊も生まれています。

11.03.15

日本人の民度

3月11日午後2時46分、震度7の強い揺れを2〜3分体験しました。
水道、電気、ガスのライフラインが切れてしまい、友人などの安否を確認しているうちに携帯の電波もなくなり情報のない世界となってしまいましたが、一昨日の夜中に電気が通り、やっと情報を目にすることができました。
仙台市内および内陸部は揺れは大きかったけれど、沿岸の甚大な被害が出た地域に比べれば小さな被害で済みました。

今は津波に流され壊滅状態となった地域にいる友人たち、宮古のドクター、志津川の漁師さん、大島のおばちゃん、女川の船長、瑞巌寺のお坊さん、塩竈の友人、名取の建築家、大洗の友人…彼らの無事を祈ることしかできません。
交通規制がかかっていて動けないこととガソリン不足で行きたくても現地に向かえない状況、救助活動をしてくださっている皆さんに頼り無事を祈る以外、できることがありません。

仙台市内を車で回ってみて驚いたことをお知らせしておきます。
コンビニやガソリンスタンド、給水場などでのマナー、信号機が動いていない交差点での譲り合いの心は、私たち日本人が持っている誇るべき特質だと思います。このような大震災の中、暴動もないことに、世界で最高の民度を持った国民であることをうれしく思います。

11.03.10

テレビでフクロウのバードハウス

地デジ完全移行の日が近づいて来ました。
ほとんどの方が今まで使っていたブラウン管テレビとお別れになると思います。
古いテレビを使った自然環境プログラムを紹介しますので、チャレンジした方は完成後、ぜひご連絡をください。

110310_01.jpg

20インチぐらいのテレビがベストです。
発泡スチロールのパネルに約10センチの大きな穴を空け、フクロウ、ミミズクのバードハウスを作るプランです。
乾くと耐水性になる水性絵具(ターナー色彩のアクリルガッシュ)でパネルにクヌギの樹皮をリアルに描いてみました。青空や花畑を描いても楽しい。

110310_02.jpg

風景や家の写真をプリントアウトしてラミネート加工、パネル貼りをし、穴を空けてセットすると完成です。
矢野TEAがプランナーを務めている埼玉県深谷市の緑の王国で主催しているバードハウスコンテストが間もなく開催されますので、ぜひそちらにもご参加ください。

11.03.09

河北新報に掲載されました

宮城県の地元新聞、河北新報に掲載していただいた記事です。
地方都市の街中でエコツアーを開催し、人と人、人と自然の交流プログラムを研究、開発するための第一歩として今回の企画となりました。
カリフォルニア大学のマルガリータの協力で『英語でエコワークショップ』の教室をスタートします。
結果はFOREST FARM仙台の斎藤氏より近日中に報告してもらいます。
←クリックで拡大表示

1 2